二人の間で結婚を決めたら、何をどうする?

結納イメージ画像

結納イメージ画像


まず、男性が女性のご両親に結婚の許可をいただきに行くのが一般的ですね。服装はダークスーツで、社会人の常識として手土産くらいは持参してください。
女性のご両親との話が上手く進めば、今度は女性が男性のご両親を訪問します。
そして、お互いのご両親に結婚の許しを得たら、いよいよご両家の顔合わせとなります。

まずは「顔合わせ」をしてご両家の親睦を深め、その時に「結納」の日取り等を決めるのがこれまでの一般的な流れですが、今日では、「顔合わせ」のみですまされることも少なくありません。
しかし、これまで多くのお客様のご結納のお手伝いをさせて頂いた経験からお話をさせていただきますと、できれば結納はされることをおすすめします。

女性側のご両親は、長年育ててきた娘を嫁に出すことは、嬉しい反面、不安な気持ちが必ずあります。
二人の婚約を公にし、男性側の誠意を贈る結納の儀式をきちんと行なうことで女性側のご両親に安心してもらうとともにご両家が結婚を自覚する大変大切な儀式ではないかと思います。

「結納」‥‥それは古くて新しい日本の儀式です。

カテゴリー: 結婚式智恵袋, 行事としきたりの智恵袋   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>