いざとなると迷ってしまいませんか?不祝儀の時の表書き

分かっているようでも、いざ不祝儀(通夜、葬儀等)のお金を包む時に迷うのが表書き。
仏式、神式、キリスト教式で表書きが違うので注意が必要です。

仏式は「御霊前」、仏式でも浄土真宗は「御香典」、神式は「玉串料」、キリスト教(プロテスタント)は「お花料」、キリスト教(カトリック)は「御ミサ料」が一般的ですね。

ただ、現実的には宗教がわからないこともあるので、その場合は表書きを各宗派に共通する「御霊前」にするのも良いと思います。

もちろん、時間とお金をかけてでも通夜・葬儀に参列しお見送りをさせて頂くという気持が大切で、表書きが多少宗教と違っていても問題はないと思いますが‥‥。

カテゴリー: 仏事   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>