お盆の最後の日は「送り火」で

obonn no okuribi

obonn no okuribi

お盆を過ぎてしまうと、精霊は再びあの世に帰らなければなりません。
先祖の霊が無事にあの世へ戻れるよう送り出す火が「送り火」です。

普通は15日か16日の午後に、「送り火」を灯します。
一年後の再会の願いを込め、手を合わせてご先祖さまを「あの世」へ送りましょう。

有名なのは8月16日夏の京都の夜空をいろどる「五山送り火」。
祇園祭とともに京都の夏を代表する風物詩の一つですね。
 

カテゴリー: 仏事   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>