しきたり奉行 – 初誕生には一升餅でお祝い

hatutanjou_isshoumochi

hatutanjou_isshoumochi

赤ちゃんが生まれて初めての誕生日を「初誕生」といいます。
そもそも日本には誕生日を祝う習慣はありませんでしたが、医学の発達していない昔は赤ちゃんが誕生前に亡くなることも少なくなかったため、生後一年の誕生日だけは「初誕生」として他の諸慶事と同じく古くから盛んに祝っていました。

赤ちゃんが生まれて無事一年を迎えた日には、お餅をついて祝い赤ちゃんに一升餅を背負わせ健やかな成長を願います。
また、一升餅を背負う儀式には「この子が一生食べ物に困らないように。」という願いも含まれています。

時代が変わっても子を思う親の気持ちは変わりませんね。
赤ちゃんから幼児に成長していく大切な節目にあたる初誕生は、心をこめて祝ってあげてください。

カテゴリー: 人気商品, 行事としきたりの智恵袋   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>