内祝い結婚ののしについて

結婚内祝両親用メッセージカード(娘)

結婚内祝両親用メッセージカード(娘)

今日は結婚祝いのお返しをする時の熨斗(のし)についてのお話です。
のしの表書きとか、水引の種類とか、いろいろしきたりがあり難しそうに感じるかもしれませんが、基本を抑えておけば、後でしまったとあわてることはありません。

まず、水引の種類ですが、もちろん結婚はおめでたいことですから紅白あるいは金銀の水引を使います。
反対に弔事の場合は白黒あるいは銀白になります。向かって右側に濃い色がきますからおめでたい結婚の水引は右に金か赤がきます。
また、水引の本数ですが5本が基本です。5本、7本、10本となりますが、結婚の場合は最高におめでたいことを表す10本の水引を使用し、二度と繰り返すことの無いようにとの意味から結びきりとします。

のしの表書きは結婚祝いのお返しは「内祝」とし、その下に新姓をかくのが一般的です。
結婚式の披露宴では、ご両家が一同に会することもありご両家のお名前を入れますが、結婚の内祝いの場合は新しい姓での初めてのご挨拶にもなります。

また、ご両親がお祝いをいただいた場合は、ご両親の姓で「内祝」として10本の水引の結びきりでお返しをされてもかまいません。その時には、両親用のメッセージカードなども添えると良いですね。

結婚内祝い人気ランキングはこちら

カテゴリー: 結婚内祝い, 結婚式智恵袋   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>