今日は節分、初節句の方はそろそろ雛人形を飾りましょう。

初節句【雛人形】

初節句【雛人形】


今日は節分です。
もともと節分は、立春、立夏、立秋、立冬など季節の改まる前日のことを呼ぶ名称でしたが、次第に立春の前日だけを節分と呼ぶようになりました。
暦の上ではこの日を境(底)に翌日から春になります(向かいます)。すなわち春が立つので立春なんですね。



そう思うと、今日も厳しい寒さの一日でしたが、少しづつ、確実に、春に向かっているんだなと思え頑張れるんだと思います。

私は毎朝、我が家の冷蔵庫の横にかけてあるカレンダーを見ます。
その度に、日本には季節をあらわす、たくさんの素敵な言葉があるんだなと感心します。

そうそう、言い忘れるところでした。
毎年のことですが、このぐらいの時期から初節句の雛人形を飾ると良いですね。
よく、勘違いをされるのですが3月3日だけ飾るわけではありません。
せっかく飾られるんだったら、一ヶ月くらいは飾ってあげてください。
もちろん、お子様の笑顔の写真を記念にしっかり撮ってあげてください。
素敵な思い出になりますよ。

初節句内祝い、初節句のお返しはこちらから

カテゴリー: 行事としきたりの智恵袋   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>