開店内祝いの時期と金額は

開店祝いにご祝儀をいただいた方へのお返しは祝賀披露パーティーを開く場合は、その当日にお渡しします。
パーティを開かない場合は開店後少し落ち着いた1週間を過ぎた頃を目途に、遅くとも二週間以内にはすると良いでしょう。
お返しの金額はいただいた金額の半額が目安になります。
開店祝いはおめでたいこと、何度あっても良い事ですからもちろん水引は蝶結び。
のし上には「内祝」「御礼」または「開店内祝」と書きます。
祝賀披露パーティを開く場合は、「開店記念」「開店記念品」と書くと記念品らしくなります。

実際に内祝いに使われる品物は一般的な内祝いとあまり変わりません。が、この機会に名前を覚えていただく為にも
名入れの商品にされるかたもおられます。

いずれにしましても、一緒に喜んでくれてお祝いをくださった方には、きちんと感謝の気持ちを伝えたいのもです。

開店内祝はこちら

カテゴリー: 開店・開業内祝い   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>