ランドセルと伊藤博文

入学内祝いメッセージカード

入学祝いのお返しにメッセージカード

4月に入りました。今日2日はあいにくの小雨が降っています。
とは言え、もうすぐ入学式の季節。
ピカピカの1年生の姿があちらこちらに目につくようになるのもすぐです。

ところで、ピカピカの1年生といえば、すぐに思い浮かぶのは、「ランドセル」ですよね。
実は、「入学祝い」に、革のランドセルを最初に贈った人物は、初代総理大臣 伊藤博文だという ことをご存じですか?
「ランドセル」は、オランダ語の「ランセル」がなまった言葉で、兵士が背おう 布製の「背(は い)のう」のことでした。 幕末、西洋式の軍隊制度を採用するときに日本に入ってきて、明治時代~昭和20年頃まで、日本 陸軍の将校がランセルを使っていました。明治18年に、いまの学習院初校科(小学校)で徒歩通 学がはじまり、文房具や弁当を入れるために布製の「ランセル」が使われるようになります。
そして、明治20年、皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)が学習院に入学する時に、その幸せを願 い、初代総理大臣の伊藤博文が革製・箱形のランドセルを特注して、入学祝いに献上したといわれ ています。
お子様の成長を慈しむ心は、日本の親心。いつの時代も同じなんですね。

入学祝いのお返しはこちら

カテゴリー: 入学   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>