快気祝い – のしについてひとくちアドバイス

なんといっても一番のお返しは病気やケガからの回復です。
病み上がりの本人の無理な負担にならないよう、出来れば家族や周りの人が手配してあげてください

お見舞いに来て頂いた方や、お見舞いを下さった方にお礼の気持ちとして贈るのが快気祝いです。
快気祝いののしの水引は紅白の水引で、二度とないことを願い結びきりにします。

のしの表書きは全快であれば「快気祝」とします。なぜ内祝いなのに「快気内祝」にしないのと思われるかもしれませんが「快気内祝」とすると四文字⇒(死)文字になるので縁起が良くないと「快気祝」のほうが一般的です。
「快気内祝」でも間違いではありません。その場合は「内祝」の右上に少し小さめに「快気」とされても良いですね。のしの下段には回復した本人の姓を書きます。

退院はしたけれど全快ではなく通院しているようなときに、区切りをつけるためお返しをされる場合、のしの表書きは「内祝」とします。

また、長期入院でまだまだ時間がかかるような時、お見舞いを頂いている方にいったん区切りをつけるためお返しをしたい場合は、表書きは「御礼」「御見舞御礼」とします。

不幸にも亡くなってしまったときは、香典返しの折にお見舞いに対するお礼も併せて行うことが多いですね。このときは、香典返しの挨拶状とは別にお見舞いに対する御礼カードをお品に添えます。

快気祝いのし(全快の場合)

快気祝いのし(全快の場合)


快気祝いのし(通院している時等)

快気祝いのし(通院している時等)


快気祝い(長期入院で一区切りつけたい時)

快気祝い(長期入院で一区切りつけたい時)

カテゴリー: 快気   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>