カテゴリー別アーカイブ: 仏事

彼岸と此岸について

今日は彼岸と此岸についてですが、彼岸は皆さんよく聞かれる言葉だと思います。 お彼岸は、春分、秋分の日を「中日(ちゅうにち)」として前後3日間ずつ、各7日間を さします。初日を「彼岸の入り」、最終日を「彼岸明け」といいます … 続きを読む

カテゴリー: 仏事, 知って良かったといってもらえれば。, 行事としきたりの智恵袋 | コメントをどうぞ

お盆の最後の日は「送り火」で

お盆を過ぎてしまうと、精霊は再びあの世に帰らなければなりません。 先祖の霊が無事にあの世へ戻れるよう送り出す火が「送り火」です。 普通は15日か16日の午後に、「送り火」を灯します。 一年後の再会の願いを込め、手を合わせ … 続きを読む

カテゴリー: 仏事 | コメントをどうぞ

お盆に提灯を飾るのは?

お盆のときに盆提灯を飾るのは、ご先祖の霊や故人の魂が道に迷うことなく帰って来られるための目印となる「迎え火」の役目があります。 また、お盆が終わったときにご先祖様をお見送りする「送り火」としての役目もあります。 いずれに … 続きを読む

カテゴリー: 仏事, 未分類, 行事としきたりの智恵袋 | コメントをどうぞ

祥月命日と月忌について

お盆休みで、お墓参りに行かれる方も多いと思います。 今日は祥月命日(しょうつきめいにち)と月忌(がっき)の違いの説明です。 月忌とは毎月の命日をさし、祥月命日は亡くなった日と同月同日をいいます。 多忙な現代人にとって、た … 続きを読む

カテゴリー: 仏事 | コメントをどうぞ

お盆のお墓参りにおすすめのローソク

以前、テレビ番組の「秘密のケンミンSHOW」でも紹介され話題になったローソクです。 故人の好きだった、お団子や、お寿司のローソク。お仏壇やお墓にお供えしてみては? カメヤマローソクさんから出ています。

カテゴリー: 仏事 | コメントをどうぞ

お盆が近いので初盆のお話です。

四十九日後、故人が亡くなられてはじめて迎えるお盆が初盆となります。 お盆の入りには精霊棚(しょうりょうだな)を作り、供物をお供えします。 霊が迷わないように盆提灯などをつるし故人や先祖の霊を迎える準備をします。 新盆にか … 続きを読む

カテゴリー: 仏事 | コメントをどうぞ

お盆に贈る表書きは 「御供」

人とのご縁を大切に‥‥‥ お盆にはご進物用のお線香を贈りましょう。 ■初盆をお迎えになる方に‥‥ ■葬儀で線香をお渡しできなかった方に‥‥ ■訃報を遅れて知った時‥‥ お線香に気持ちを託して贈ってみてはいかがでしょうか。 … 続きを読む

カテゴリー: 仏事 | コメントをどうぞ

いざとなると迷ってしまいませんか?不祝儀の時の表書き

分かっているようでも、いざ不祝儀(通夜、葬儀等)のお金を包む時に迷うのが表書き。 仏式、神式、キリスト教式で表書きが違うので注意が必要です。 仏式は「御霊前」、仏式でも浄土真宗は「御香典」、神式は「玉串料」、キリスト教( … 続きを読む

カテゴリー: 仏事 | コメントをどうぞ

どうして二年目なのに三回忌と言うの?

実を言うと私も入社するまでは、よくわかりませんでした。 死亡した翌年の命日に行うのが一周忌。一周忌は、亡くなってから一年経って行うのでとても理解しやすいです。 ところが三回忌は一周忌の翌年、つまり亡くなってから二年目に行 … 続きを読む

カテゴリー: 仏事 | コメントをどうぞ

わたしをお墓に連れてって - 「やすらぎ」って何?

わたしも買っちゃいました。 買ったのは 墓石の水垢取りセット「やすらぎ」1.050円です。 毎年、お盆の前に掃除を兼ねて墓参りをするのが我が家の年中行事です。 墓掃除をする度に、汚れが取れずスッキリときれいにならないこと … 続きを読む

カテゴリー: 仏事, 未分類 | コメントをどうぞ