どうして二年目なのに三回忌と言うの?

実を言うと私も入社するまでは、よくわかりませんでした。

死亡した翌年の命日に行うのが一周忌。一周忌は、亡くなってから一年経って行うのでとても理解しやすいです。

ところが三回忌は一周忌の翌年、つまり亡くなってから二年目に行うのでわかり難くなるんですね。
どうして2年目なのに三回忌?これが自然に出てくる素朴な疑問だと思います。

実は、回忌の場合はなくなった日を1回目の忌日と考える事からきていて、亡くなってから丸二年目が3回目の忌日にあたるので三回忌と言いうのだそうです。

それともう一つ「祥月命日」も覚えておいてください。
死亡した日と同月同日のことです。
年忌法要だけでなく、毎年巡ってくるこの日には、出来れば僧侶にお経をあげてもらい、墓参りもしたいものですね。

※ちなみに、月の命日のことは月忌(月命日)と言います。

カテゴリー: 仏事   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>