大晦日に年越しそばを食べるのは何故?

いよいよ年末です。
年末といえば「除夜の鐘」と「年越しそば」。
今日は、年越しそばのお話です。

大晦日の年越しの夜に蕎麦を食べるという風習は江戸時代の町人の間で始まったといわれます。
蕎麦(そば)は細くて長い食べ物なので、「細く長く長寿でありますように」という願いから縁起をかついで食べるようになったという説が一般 的です。

「だったら、うどんでも良かったんじゃないの。」という突っ込みが聞こえてきそうですが、信州から江戸への蕎麦の流通 ルートが早くからあり江戸は蕎麦文化が主流だったため、江戸っ子は年越しにうどんではなく蕎麦を食べるようになったようです。

なるほど!!関東は蕎麦、関西はうどんというのが私のイメージにもあります。

まあ、何はともあれ毎年大晦日の夜には家族全員で除夜の鐘を聞きながら年越し蕎麦を食べる訳です。
こうして無事に新年を迎えることが出来ることに感謝したいですね。

カテゴリー: 知って良かったといってもらえれば。, 行事としきたりの智恵袋   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>