初節句 – 雛人形を飾る時期、しまう時期は?

桃の節句(雛人形)

桃の節句(雛人形)

先日も話しましたが、この時期は雛人形の展示会が多くなりましたね。
さて、そこで今日は雛人形を飾る時期についてお話します。

桃の節句のお祝いは3月3日ですが、飾る時期は2月の立春のあたりから飾ると良いですね。
雛人形は女の子のお守り(ケガや病気などの身代わりになってくれる。)にもなるのです。
ですから早めに飾ってあげてください。
3月3日の桃の節句には、「病気をしないように」「健やかに育つことを願って」祝膳でお祝いしましょう。

大切な儀式です。
記念の写真も忘れずにしっかり撮ってあげてくださいね。

しまうのは、桃の節句が終わったあとの、よく晴れた天気の良い日に収めてください。
湿気を含んだまま収めるとカビの原因にもなります。
変色の恐れもあるので、特にお顔などは素手で触らないよう手袋をしてください。
また、雛人形専用の防虫剤などもホームセンターなどで売っていますのでしまうときに入れてください。

※初節句内祝いのお返しはこちら

カテゴリー: 行事としきたりの智恵袋   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>